消費者金融と銀行カードローンの大きな違い

消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いというのは総量規制が適用されるかされないかという事であると言えます。
初めてキャッシングを利用する人だと何のことか分からないかもしれないですが、総量規制というのは2010年から消費者金融に対して課せられた規制であり、申込者の年収の三分の一を超える金額を融資してはならないという制限が出来たのです。これによって借りる人全員への影響として、ある程度大きな金額を借りるのが以前よりも厳しくなったと言えるのですが、特に影響を大きく受ける事になったのが専業主婦です。
総量規制は原則としては本人の収入を調べた上での規制であって、例外として配偶者と合わせて三分の一を超えなければ借りる事が出来るようにはなっているのですが、実際には消費者金融が配偶者の年収も加味した上では審査を行ってくれないと考えた方が良く、専業主婦が消費者金融でお金を借りる事は出来なくなったと言えます。
ただ、総量規制が適用されるのは消費者金融の場合であって銀行の場合は総量規制対象外となっています。どちらもやっている事は同じであるのに奇妙な事ではありますが、その理由というのは総量規制は貸金業法が改正された事で出来たのであって貸金業者に対して適用され、銀行の場合は銀行法という法律が適用されるので貸金業法の対象とはならないからです。
その他にも比べてみると違いがあるのですが、最も大きな違いというのは総量規制であると言えます。

Hart