借りるお金について増額手続きしたときの体験談

私は以前、ある大手都市銀行のカードローンでお金借りると思ったことがありました。それで申し込み手続きを行うと、幸いなことに無事に審査には通ってくれました。ですからその時は、「これでお金を借りることが出来るようになった」と喜んだものでした。
しかし、よく見ると借りることが出来る金額は30万円だけでした。実は私は50万円貸して欲しくてカードローンに申し込んだのですが、審査に通ったとはいえ利用限度額は30万円しか認めてもらえなかったのでした。当時の私は、「審査に通ったのだから50万円借りられるに違いない」と思っていたのですが、実際は違いました。
とにかく、50万円必要なのに30万円しか手に入らないので私は困りました。それで早速、利用限度額を50万円に増やして欲しいと増額手続きを行ったのです。しかし、残念ながら増額の審査には通りませんでした。後から知ったことですが増額審査に通るためには、無事故で安全な借り入れと返済とを何回か繰り返して、ある程度の利用実績を積んでおかないと無理なのでした。
結局、その時に足りなかった20万円は、実家の親に泣きついて工面してもらいました。いずれにしても、この時の増額申請の経験のおかげで、私も増額については随分と詳しくなりました。ちなみにその時のカードローンは今でも時々利用していますが、いつの間にか融資限度額は100万円にまで増やしてもらっています。きっと私も、それだけの利用実績を積み重ねたということなのでしょう。

Hart