不動産売却で人気の物件について

家を売るには、出来るだけ高い売却価格で売りたい物です。投資家であればその気持ちは強いですし、投資家では無く今までそこに住んでいた人ならなおさらその物件には愛着がありますので、不動産売却でできるだけ高額で売りたい物です。では、不動産を高額で売るにはどのような条件が必要でしょうか。人気の物件とはどのような物件なのでしょうか。
最近人気の物件は比較的新しい物件です。築年数が5年以内の物件であれば設備が新しいからです。例えば、24時間換気の住宅や床暖房がある住宅、システムキッチンにIHクッキングヒーターが付いていおり光熱費が節約できる住宅、ユニットバスでは乾燥機能が付いていたり、入浴中にはミストが天井から出てマイナスイオン効果が期待出来る住宅も多いのです。しかも築年数が5年から6年の住宅は、見た目も中身も新築とそれほど変わらない割には価格が新築よりも1割から2割ぐらいは安くなっています。そういう意味では、築年数が浅い住宅は人気があります。
もう一つは、築年数が20年以上が経過した住宅です。できるだけ格安の住宅を購入したいとすれば、設備はそれほど古くなっていない割には格安で購入することが出来る築20年前後の住宅と言うことになります。築35年を過ぎると耐震性の面でも問題がありますが、築20年前後の住宅であれば耐震性も新築の住宅とほとんど変わりませんので、人気がありお買い得なのです。
以上のように不動産売却をする場合には築浅住宅か築20年前後の住宅を売るといいでしょう。

Hart